Pocket

そして今や最新は14.4になります。14.5も一ヶ月以内にはリリースされる
のではないでしょうか?そこで今回は、iOS14になり出来るようになった事
を簡単にまとめていこうと思います。

 

ios14のコンセプト

いくつもの新しさを、いつもの使いやすさで。
「毎日何度もすることを、これまでになく簡単にできるように。iOS 14は
新しいデザインと新しい方法をお届けします。必要なものを一瞬で使える
ようにする
新機能もいろいろ。おなじみのアプリもさらに賢くなり、あなたの
使い方にもっと合わせられます。しかも、プライバシーをさらに守れるようになりました。」
とのこと。まずは新機能が何かまとめていきます。

ios14の新機能まとめ
  1. ウィジェットをホーム画面に
  2. Appライブラリ
  3. コンパクトな着信画面
  4. ピクチャ・イン・ピクチャ
  5. CarPlay
  6. 接触通知機能
  7. 翻訳アプリ
  8. Shazam…etc

が加わりました。1番から簡単に説明していきます。

  1. ウィジェットを好きな場所に配置できたり、サイズも変えられるように
    なりました。
  2. ホーム画面の最後のページにカテゴリ分けされたアプリがまとめ表示
    されるようになりました。
  3. 今ままでの着信画面は強制的な全画面表示でしたが、iPhone使用中は
    バナーによる通知に切り替わりました。
  4. iPadシリーズ同様に、ビデオなどの再生中にワイプのようにビデオを
    小さくして移動させたり、他のアプリを使用できるようになりました。
  5. これは今までに類を見ない新機能で、iPhoneやAppleWatchが車の鍵
    の代わりになる機能です。残念ながら未だBMWにのみしか対応して
    いないようです。
  6. こちらは今世界中で感染拡大しているコロナ対策アプリとなります。
    ですが日本では使えず、COCOAのアプリの使用になります。
  7. これは今まではgoogle翻訳などのアプリを使っていましたがAppleが
    正式開発したアプリになります。
  8. このアプリはiOS14.2で正式搭載されたアプリになります。詳しくは
    前回の記事でも書いてありますのでそちらをご覧ください。
今までもあったアプリや機能のアップデート

次にアップデートされたアプリや機能を紹介していきます。

  • Safari
  • AppStore
  • リマインダー
  • 天気
  • メモ…etc

上記のアプリと機能がアップデートされました。細かい修正点やアップデート
内容は、Appleの公式サイトやまとめていらっしゃるサイトが調べれば出て
来ますのでそちらを参照頂ければと思います。

 

 

まとめ

今回はiOS14について軽くまとめてみました。
新機能などが沢山のあり全てまとめ切れませんでしたが、どうでしたか?
少しでも参考になればいいなと思いつつ…
i at Q ではアップデート失敗によるリンゴループなども修理させて頂きますので
お気軽にお尋ねください。