Pocket

iPhone SE Plusは、iPhone 11の筐体を活用して販売をするとのこと。価格は500ドル(52800円)

を予想しています。

iPhone11の筐体を活用し、2眼カメラ搭載で登場?

同メディアは、iPhone SE(第2世代)がiPhone8の筐体を活用して登場したように、iPhone SE PlusはiPhone11の筐体を活用して登場する可能性について記しています。

筐体を活用し、1,200万画素の2眼リアカメラを搭載しながらも、チップはA14 Bionicに変更され、Touch ID内蔵電源ボタンが採用されると、Gizchinaは推測しています。

また、求めやすい価格を実現するために5Gに対応しないことで、販売価格は500ドル〜(約52,800円〜)を実現すると予想しています。
iPhoneXRの筐体を活用との噂も?

iPhone11の筐体を活用し、新しいチップ、Touch ID内蔵電源ボタンを搭載しながら500ドル(約52,800円)で販売するとすれば、販売価格はiPhone11の税別64,800円(2021年2月16日現在、64GBモデルの日本での販売価格)から約12,000円安くなることになります。

まとめ、推測

ついに、iPhoneが新品で5万円の時代がやってきました。

5G回線に対応していないことはショックではありますが、まだまだ5G回線の電波塔も立っている所は少なく日本でいうと東京が1番多いとは思いますがまだまだ普及は厳しいと予想しています。

そう考えると、4G回線がまだまだメインになってきているので、乗り換えや新しい機種を考えている方にはもってこいの機種だと思います。

iPhone11の筐体と考えると、カメラの性能も申し分ないと思います。

最近は、格安スマホも普及してきていますのでどんどん競争が激化している状況が続いています。

楽天モバイルなどでは、通信料、電話通信料1年間無料で携帯も配っているような状況で今後は楽天モバイル1強になってくるのではないかと考えます。

皆様の、iPhoneライフがより良いものになりますように。