この記事は約 4 分で読めます。

iPhoneを修理する際にデータは残せるのか、それとも消えてしまうのかというお話ですが、結論から言うと「修理方法によって消えてしまう場合」と「データはそのままで修理できる場合」があります。

この段落では、修理方法別にiPhoneのデータをそのままで修理できるものと消えてしまうものを見ていきましょう。

 

1−1,「Apple Store(アップルストア)」で修理した場合はデータどうなるの?

「Apple Store(アップルストア)」で修理した場合、iPhone内部のデータはほぼ確実に消えてしまいます。

これは「Apple Store(アップルストア)」にiPhone修理を依頼する場合、正確には修理ではなく「本体交換」を行うことに原因があります。

ガラス割れや充電コネクタの不具合など、故障の種類にも色々ありますが、「Apple Store(アップルストア)」ではほとんどの場合、iPhone本体を新しい物と交換することで対応します。

その場合は、元々使用していたiPhoneは回収される為、当然中に入っていたデータも消えてしまうのです。

Apple社のアナウンスによると「画面割れ」と「バッテリー交換」のみデータを残したまま修理できる可能性があるとのことですが、内部に水濡れの痕跡があったり、修理時に別の不具合が発覚した場合は必ず本体交換になりデータも消えてしまうことになります。

そして厄介なことに、Appleでは1度修理依頼をすると途中で取りやめることができません。

「データを残したまま修理できる」と思って修理を依頼したのに、修理完了後にデータが消えてしまうと言うこともあり得るのです。

実際に修理を依頼する際は事前にバックアップを取っていることを勧められます。

「Apple Care」に加入している場合や、保証期間内で修理を受ける場合はコストを抑えることができるものの、データのバックアップが完璧に取れているという方やデータが無くなっても良いという方以外にはお勧めしづらい点です。

 

1−2,「キャリア(ドコモ、au、Softbank)」で修理した場合はデータどうなるの?

次に、「docomo、au、Softbank」などのキャリアで修理をする場合です。

こちらも「Apple Store」同様、修理する際にデータは消えてしまいます。

というのも、キャリアショップでのiPhone修理は実際はキャリア自身が行う訳ではなく、キャリアを通してApple社の修理センターで行われます。

その為、修理の条件は「AppleStore」と同じで、データを残したまま修理することはできません。

 

1−3,「iatQ天神店」(街の修理店)で修理した場合はデータどうなるの?

最後に「iatQ天神店」で修理した場合です。

「iatQ天神店」でiPhone修理をする場合、データはそのままで修理をすることができます。

修理前に故障したiPhoneの状態やお客様の希望をしっかりヒアリングした上で作業を実施するので、データが消える心配をすることなく修理することができます。

急ぎで修理したいけどバックアップを取れていない、データを保存する前にiPhoneが壊れてしまったという方にも唯一お勧めできる修理方法です。

 

以上、修理方法別にデータを残してiPhone修理ができるかどうかを比較しました。

「iatQ天神店」で修理した場合のみデータを残したまま修理ができます。

希望に応じて最適な修理方法は変わりますが、修理する前に電話やメールで相談できる点もポイントです。

iatQオープン2日目!!今日も気合い入れて修理していきます!

 

 

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

 

お問合せはこちら

所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123