Pocket

生活に必需品となっているiPhoneが突然使えない、動かなくなる事が
あります。
毎日使用するiPhoneが急に使えなくなってしまったら焦りますよね?
iPhoneが急に使えなくなっても、試してほしいことがあります。
今回はiPhoneが突然動かなくなった!という時に試してほしい対処法を
紹介します。

再起動を行う

アプリを使用中にフリーズしてしまったり、起動しない場合はiPhoneを
再起動してみましょう。再起動する事によって不要なキャッシュがクリア
され、正常に起動する事があります。
再起動後は通話が出来るか、通信は
問題なく出来るかなどの動作確認が出来れば問題なく使用する事ができると
思います。

simカードを抜き差しする

電波が受信できない、通信が正常に動作しない、こういった場合にsim
の抜き挿しで改善される場合があります。機種によってsimトレーの場所は
異なりますが、側面に穴が開いている所がsimトレーの場所になります。
購入時に付属しているツールを挿し込むか、クリップなどの細い針金を
挿してもトレーを取り出すことができます。

iOSをアップデートする

基本的には動作不良などの改善のために行われるアップデートですが、稀に
不具合が生じる事もあり、システムの動作不良が起きるなどのトラブルが
あります。システム異常をきたすiOSの場合は、すぐに修正版がリリース
される事もあるので再度アップデートすれば改善される事もあります。

【設定】→【一般】→【ソフトウェアアップデート】

を選択するとアップデートが必要かどうか確認する事ができます。

アップデートをしている時に電源が切れてしまったりすると最悪の場合
iPhoneが起動不可になってしまうので、wi-fiでアップデートする際は
充電しながらアップデートするように注意してください。

バッテリーが放電状態の可能性も

突然iPhoneが真っ暗になってしまうと重大な故障を連想しがちですが
バッテリーが劣化していたのが原因という単純なものもあります。

ゲームアプリやGPS機能などをよく使用する場合はバッテリーの劣化が
早くなるので、こまめにバッテリーの最大容量を確認するようにしましょう。

【設定】→【バッテリー】→【バッテリーの状態】で最大容量が確認できます。

まとめ

今回は、iPhone突然動かなくなった場合の対処法を書きました。
焦ってしまうのはよくわかるのですが、修理屋としてまずこれらを試して
からお電話をして頂きたいです。こちらも状況がつかめませんので(苦笑)
実際にこれで治る場合もあるので、一度やってみてはいかがでしょうか?
それでは、また…