Pocket

iPhoneが水に濡れてしまい故障してしまった方の中で、よくある勘違いが以下の内容です。

 

「iPhoneは防水だから水に濡れても大丈夫」と思っていらっしゃる方が非常に多いのですが、実はそうではありません。

 

確かにiPhoneの耐水性能は、iPhone7以降世代を追うごとに向上しているものの、Apple自身も「iPhoneの水濡れによる故障は保証期間内でも有償修理」と公式にアナウンスしていることからもわかる通り、iPhoneの水没リスクはゼロではないということです。

 

そして、意外にも数あるiPhoneの故障の中でも上位を占める故障原因になっています。

 

  • トイレの時にズボンから誤って落としてしまった。
  • お風呂でiPhoneを利用中に浴槽に浸かってしまった。
  • 食事中に飲み物をこぼしてしまった。
  • 小さな子供が口の中に入れてしまった。
  • プールや海で水中に落としてしまった。

 

など、日常の中にもiPhoneが水没してしまう危険はたくさんあります。

この記事では、大切なiPhoneが水没してしまった場合の対処法や水没時に起こりやすい症状の解説、さらには水濡れによってiPhoneが使えなくなってしまった場合の修理方法をまとめてご紹介します。

現在お困り中の方はもちろんですが、まだ水没させたことがないという方も、もしもの時の為に知っておいた方が良い情報をお話ししていきますので、是非ご覧ください。

1−1,「水没シール」の確認

iPhoneの内部には、水分が侵入したかどうか点検する為のシールが貼付されています。

ほとんどは修理者が確認する為のもので分解しなければチェックできない箇所にありますが、1点だけユーザー側でも確認できる場所にあり、「SIMトレーの挿入口」がこれにあたります。

少々わかりづらいですが、トレーの挿入口の中に貼られているシールが白い場合は「水分の侵入なし」、赤く変色していれば「水分の侵入あり」です。

1−2,ディスプレイの確認

水没したかどうか目視でチェック可能な場所として、iPhoneの画面(ディスプレイ)があります。

iPhoneの画面の中に水分が侵入すると、表示が滲んでしまったり変色するといった変化が起こるので、水没シールよりもわかりやすいチェック方法です。

1−3,カメラレンズの確認

カメラレンズを通して、iPhoneを分解しなくてもiPhoneの内部を覗くことができます。

レンズの内側が曇っていたり、水滴がついている場合は内部に水分が入ってしまった印なので、早急に対処が必要になります。

 

以上、iPhoneの水没度合いをチェックする方法でした。

いかがでしたでしょうか?

iatQインキューブ天神店では、水没修理もやっておりますので一度足を運んでいただければと思います。

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

 

お問合せはこちら

所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F
雑貨館インキューブ店内

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123

 

お気軽にお問合せください。