この記事は約 3 分で読めます。

iPhoneを使うのに色んなAPPがありますが、その中でもビジネスパーソンは意外とアプリに悩んでいるのではないでしょうか。
APPストアを見ると大量のアプリがあって悩みますよね。

そんな時はとりあえず純正アプリに目を向けてみましょう。

基本的に純正を使う場合はiCloudと並行してgoogleアカウントも同期しておきましょう。
将来的にiPhoneよりも良い携帯端末が現れて主流がそちらに移った際のリスクヘッジとしてgoogleにもというのが無難な選択肢になるかと思います。

今回の画像はiPadでのスクリーンショットとなっていますがiPhoneでも同じAPPがあります。

メモ

日常のありとあらゆることをメモしておけます。
バージョンアップで細かく機能追加されて日々進化してますので今後もさらに使いやすくなると思います。
機能が増えすぎて動作が重くならないかが心配です。

特徴としてはプレーンテキストの他にリッチテキストも扱えるので、表現力豊かな文章を作ることができます。
また画像の貼り付けや手書きにも対応しており、普段使いに困ることはないかと思います。

SMS

現在、大部分の方がLINEを使っているので話題に上がることが少ないですが、地味に良い仕事をします。
こちらは基本的にはメッセンジャーアプリなのですが、電話番号のみで送受信できるので名刺交換しかしてない方にさっとメッセージを送ることができます。

この画像は手書きメッセージです。

またiPhoneを横使いにすると手書きのメッセージを送ることも可能です。
相手がApple IDを持っていれば電話番号でなくてもメッセージを送信することが可能です。

カレンダー

これもgoogleカレンダーと連携させているのが前提になりますが、超絶便利です。
デザインについては好みがありますので、今回は横におきますが、基本的な機能は当然全部入っており、目的地を入れておけば自動で到着時間を予想して出る時間をお知らせしてくれます。

筆者はスケジュールを忘れることがあるので、この機能には助けられてます。

リマインダー

カレンダーと重複するような部分もあるのですが、こちらは純粋にお知らせとタスク管理が目的のAPPです。
リマインダーに時間や場所が登録できるので、指定時間にお知らせや特定の場所を出た時、または到着した時にお知らせをしてくれる機能が非常に便利です。

筆者は基本的に西鉄バスで移動するのですがバスの中で読書に夢中になって乗り過ごしそうになることがあるので、降りるバス停の100mほど手前でアラートが出るように設定しています。
そうすると乗り過ごす可能性が減ります。

また帰りにミルクを買ってきて!などと頼まれた際は、すぐにリマインダーに登録してタイミングは職場を出るタイミングにします。
この一手間で家庭不破がなくなります。

 

APPストアで色んなアプリを見るのも楽しいものですが、純正アプリに目を向けて見るのもいいかもしれません。他にもmicrosoft officeのようなアプリもありますので、後日ご紹介いたします。