この記事は約 4 分で読めます。

iPhone の画面が勝手に操作されてしまう現象について

iPhone の画面が勝手に動いて暴走する事がありますが

結論を言えば、iPhoneを再起動しても多発するならば、画面パーツの故障が原因だと思って良いです。

画面が勝手に動いてしまう様な症状は『ゴーストタッチ』と呼ばれています。

ハッキングされて遠隔操作とかウイルスでは無いのでご安心を。

ゴーストタッチとは
ゴーストタッチ のイメージ

ゴーストタッチ

この画像は無関係です。

ゴーストタッチとは

iPhoneの画面が勝手に操作されてしまう現象をゴーストタッチと呼んでいます
画面を触っていないのに、幽霊(ゴースト)が操作(タッチ)しているように見えるからですね。

例えば、アプリを使っていると勝手に操作されて、まともに操作できなかったり

LINE等で間違ったスタンプやメッセージを誤送信してしまったり
間違って電話を掛けてしまったり

アプリのボタンの配置や画面の状況次第では自分だけじゃなく
相手にも迷惑を掛けてしまう可能性がある症状です。

症状が酷い場合はゴーストタッチによってパスロック解除を失敗し続け、結果的にiPhoneが完全にロックされて
データ初期化するしか無い状態になることもあるので要注意です。

ゴーストタッチの主な原因

画面の汚れや貼り付けたフィルムが原因

ゴーストタッチが起きた際に確認してほしいのは、まず画面上の状態の確認です。
ゴーストタッチの原因になりうるのは画面上の汚れや傷です
特に油汚れや水滴等があるとゴーストタッチを引き起こしやすいです。

なので、スマホ用の画面拭き等を使い
まずはiPhoneの画面を掃除して、ゴーストタッチが改善するか確認しましょう。
※蛇口の水で洗い流したり、石鹸を使ったりしてしまうとiPhoneは水没する危険が高いのでダメです。

あとはガラスフィルムや保護フィルムが原因で起きる時もあります
フィルムと画面の間に気泡や水の侵入、ホコリ等が有り怪しければ、フィルムを剥がすと改善する可能性もあります

画面損傷が原因

iPhone 11

画面が割れていたり、ヒビが入っていたり
液晶や有機ELに異常がある場合はゴーストタッチが発生しやすいです。

画面が壊れてるので修理するか新しい端末に機種変することをオススメします。

コレに関してはお近くのApple Store、もしくはApple公式サポートパートナーか
お近くの街の修理屋と呼ばれる我々iPhone修理屋へ問い合わせをください。

iPhone が操作出来ている内に必ずバックアップの確認をお願い致します。
画面損傷が原因の場合は後々に症状が悪化する可能性が高いです、早めの対処をオススメします

また液晶表示がおかしくなってしまっている場合は
見えないが勝手に操作されている可能性があり、パスロック解除を失敗し続けている可能性があるので
電源強制終了させたり、画面がオンにならないようにスリープ状態を維持するのが大切です。
そして早めに画面の修理を行うことでデータを失わずに済む場合もあります。

その他

ゴーストタッチの原因は他にも色々あると言われています。

夏の時期だとバッテリーが膨張して画面を裏側からお仕上げて、ゴーストタッチが発生することもあります。

iPhoneが熱暴走すると発生する事もあります。

iOSのバージョンが古いと発生するとも言われていますが、とりあえず再起動して直るなら軽症ですが
その後も再発する場合はiOSを更新してみて、それでもダメならば

おそらく上記の故障の原因が考えられますので
気軽にご相談ください。

まとめ

ゴーストタッチの症状は修理をすれば改善出来る物です。

とりあえず再起動を試して、画面上を掃除してみると改善する事もあります。

無理だった場合は画面を修理すればほぼ直る。

 

←トップページへ戻る

 

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

GoogleMapはこちら

 

お問合せはこちら

所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F雑貨館インキューブ店内

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123

 

 

お気軽にお問合せください。