この記事は約 4 分で読めます。

こんにちは、今回は iPhone がもし水没してしまった場合にどうするのか。

iPhoneが簡単に記事にしていきたいと思います。

とりあえずの一言目はコレですね

iPhoneは防水じゃないです、あくまで耐水性能が備えてあるだけです。

なのでiPhoneの耐水性を過信しないでください。

iPhoneが水没してしまった??そんな時どうする?

今回は水没しないような使い方とか防水グッズの活用とかは無いです。
もうすでに水没した、水没してしまった時の話ですね。

まず最初に、iPhone 7以降のiPhoneシリーズは
気密性を高めて水の侵入を防いでいます。
ですが、水が浸透してそのまま普通に水没することはよくあることです。
そして気密性が高いため一度水が入ると非常に出にくいです。

水没した時は

iPhone修理屋が言うと胡散臭いですが、1番良いのは
とりあえず私達の様なiPhone修理屋で水没処理、洗浄をすることです。

早急に水没洗浄することをオススメします。

時間が経てば立つほど、内部で腐食が進み復旧が困難になる場合があります。

水没してしまった場合にすぐ出来ること。

iPhoneの電源はオフを維持

NO電源オン、NO充電。危険ダメゼッタイ。
電源を入れたりすると、さらにぶっ壊れる事もある。

ケースを取り外す

iPhoneに何も付けてない状況が良い
ケースは乾燥の邪魔になる場合が多い。

iPhone外部の拭き取れる水分をしっかりと拭き取る

外部が濡れていると、更に水分が浸透して内部に侵入する可能性が高いです。
iPhoneは気密性が高いので一度入ると出てきません。

SIMトレーを取り出す

上記の電源オフ、充電禁止、ケース取り外し、外部拭き取りが終わったら
SIMトレーを取り出し、SIMの状態の確認、濡れていた場合は乾いた布やティッシュで優しく拭き取り。

SIMは壊れやすい物なので丁寧に扱いましょう、指紋付けたりするのも良くないことです。
ただそれ以上に水没してるとダメなのでしっかりと水分を乾かしましょう。

水没時の生米について

生米に入れて水分を抜く、みたいな民間療法がありますが
修理屋としてはオススメはしません、何もしないよりはと言われたらそれまでですが
生米と米カスが張り付いたiPhoneの掃除は面倒です
米のゴミが内部に入ってしまっている場合は状況が悪化する可能性もあります。

実際に何度か対応した水没して生米にはいったまま持ってこられたiPhoneを開封すると普通に水が残っています。
水没してから生米に詰めて2日経ったiPhoneでも普通に水滴が残っていました。

これなら風通しの良い日陰で放置したiPhoneの方がマシだったりすると
何度か思ったこともあります。

それに生米よりもシリカゲル等の乾燥剤を使ったほうが確実に良いです。

生米に詰めて直ったと言う事もよく聞きますが
おそらく生米に詰めなくても普通に直るくらいの状況だったと思われます。

 

まとめ

水没したらとりあえず、水分を拭き取って
早い内に対応するのが良い。

できれば電源オフ、充電禁止でSIMの安全確保ができていれば良い

その後は修理するなら、お近くのiPhone修理屋へ

とりあえずすぐに端末が必要なら新しい端末を購入してSIMを入れ替えて使おう。

Appleでは水没したiPhone は保証外なので新品の端末を購入する人向け。

当店では気軽に修理や端末購入のご相談にも出来ますので気軽にお問い合わせください。

 

←トップページへ戻る

 

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

GoogleMapはこちら

 

お問合せはこちら

所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F雑貨館インキューブ店内

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123

 

 

お気軽にお問合せください。