Pocket

この記事は約 5 分で読めます。

今回の記事では昨日の「 iPhone8″ 水没 “事件 」をテーマに書いていきます!

 

ども!先週一週間「 私 」をお見かけしましたか?見てないですか?すみません、忙しくてブログを更新する暇がありませんでした。誠に申し訳ございませんです。今週からまたしっかりと「 毎日更新 」をしていきますので、楽しみして居る方がいらっしゃったらまたよろしくお願い致します!

上にもあるように昨日「 水没 」したiPhone8をお持ちのお客様が来店くださいました。

そのお話と「 水没って何をするの? 」にお答えしていきます。途中Q&Aをはさみますが、Qは実際にお客様に聞かれたもの・Aは実際に私が答えた内容となります。それではどうぞ!

 

「 水没 」したiPhone8

昨日私はお昼ご飯を食べ終え(昨日のお昼はうどんを食べました)お店に戻るとお客様からお声がけが。「 水没 」したiPhoneの修理は可能ですか?とのことでした。起動などは確認出来たのですが、症状としては「 文字が2重になっている 」いわゆる” 滲んでいる “状態でした。

タッチは正常にできていましたが、あのまま放置していたら画面が使えなくなり最悪基盤まで水没してしまう可能性もあったので「 水没処理 」と「 画面の交換 」をさせていただきました。

中を開けてみるとバッテリーの上に水滴、Taptic(バイブ・振動するやつ)にも水に濡れた痕が。「 水没処理 」はすぐには終わらないのでお預けしていただき、まずは中の水分をしっかりとることから始めます。

 

 

「 水没 」の処理方法

見える所の水気をしっかりと取り、本体側に付いているパーツや画面に付いているパーツも全て外して確認します。画面の裏の金属プレートの中にも水が入り込んでおり、Tapticの裏にも水がありましたので拭き取り乾かしたり他の箇所も乾かしたりごにょごにょしたりして水没処理を行います。

その後は画面を交換して終了になります。ちなみに画面の中にも水が入り込んでおりました。以下写真となりますが、修理後に「 私 」iPhone8に付けて確認した写真になります。

 

水没 1

ダークモードに設定していると、水没痕は見当たりませんが…

 

水没 2

黒いシミみたいなものが…

 

水没 3

こちらも3箇所くらいシミが…

 

水没 4

見ずらいですが線のようなものが入っています

 

水没 5

頑張って見やすくしましたが、あまり変わりませんでした

 

このように、画面内部にも入り込んでいます。もっと酷く、わかりやすい写真を載せている水没に関する記事はこちら。

iPhone が水没した?そんな時は? 生米は迷信。

 

まとめ

今回は「 水没 」した端末に関しての記事を書きましたが、いかがでしたか?当店では「 水没 」の端末も修理させていただきます。今回のお客様はタッチに問題がなくても、迅速に来店いただいたのでまだ良かったのですが…。水没したまま使うと「 起動すら出来ない状態 」になることが多いです。iPhoenは水にはまだ弱く、12以降から改善はされましたがまだまだ「 耐水 」の域を出てはいません。当ブログでも何度か書いていますが…。

iPhoneは「 防水 」ではなく「 耐水 」です。

なので、水回りでは特に気を付けてお使いください。ちなみに、水没の場合「 端末内 」に残っているデータは大半が消えてしまいます。データが消えるのは嫌ですよね?そういうことです。基盤がギリギリ生きている場合は「 データを復活させることが可能 」です。起動しなくなったiPhoneや眠っているiPhoneがあれば一度修理屋にお持ちください。もしかすると、過去のデータを復活させることができるかも!?

ということで、今回はここまです。それでは、また!

 

←トップページへ戻る

 

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

GoogleMapはこちら

 

お問合せはこちら

所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F雑貨館インキューブ店内

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123

 

 

お気軽にお問合せください。