この記事は約 4 分で読めます。

iPhone のホームボタンは修理することが可能です!ですが、指紋認証は使えなくなってしまいます。

当店でも、ホームボタンの修理をさせていただいています。当店のホームボタン修理は「 一律5000円 」です。ですが、在庫がない場合もありますのでまずはお電話などでご相談ください。在庫があればすぐ修理が可能です。ない場合は発注となりますので少しお時間がかかる場合もあります。

 

iPhone 6s ホームボタン

iPhone6sの千切れたホームボタン

 

上の写真は「 」が昨日「 iatQ博多店 」にて修理させてもらった「 iPhone 6s 」のケーブルが千切れてしまっていたホームボタンです。どこの「iPhone修理屋でも同じ」ですが、基本的に指紋認証機能はなくなってしまいます。

 

 

《 iPhone 》のホームボタン

iPhoneに使われているホームボタンは2種類存在し、iPhone6シリーズまでの物理ボタン方式iPhone7シリーズ以降の静電容量方式と言った” 別物 “となっています。簡単に誰でもわかる違いを挙げると

 

6シリーズまでのホームボタン7シリーズ以降のホームボタン
電源が入っていなくなても押せる電源が入っていないと押せない

 

と、とても簡単でわかりやすい違いです。

 

当グループで使っている修理用の《 iPhone ホームボタン 》

当グループで使っている修理用のホームボタンは「 ユニバーサルホームボタン 」と言って、その対応している機種であれば全ての機種に使えるというものです。

例)iPhone7用ユニバーサルボタンと書いてあるものは、iPhone7であれば色やストレージ容量など関係なく使用することができます。

 

《 iPhone 》のユニバーサルホームボタンとは

実はこの「 ユニバーサルホームボタン 」はAmazonなどでも販売しており、一般の方でも簡単に入手することができます。自己修理をしている方は見かけたこともあるかもしれません。ですがホームボタンはとても繊細なパーツで、少し傷を付けたりしただけで使えなくなってしまいます。「 」のようなiPhone修理屋でも外したりする際は慎重にならざるを得ないパーツです。

なので、ホームボタンが壊れたからと言って「 自己修理 」をするのは余りオススメできません。購入したホームボタンを壊したり、思わぬ事故につながったりもします。すでに自分で購入してしまっているかたは、パーツ持込修理をしている「 iPhone修理屋 」を探したほうが懸命かと思います。当店でもパーツ持込修理をやっていますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

まとめ

今回は「 ホームボタン 」に関して書きました。少しは参考になったでしょうか?iPhoneはもうすでに「 Face ID(顔認証) 」が主流となっています。今あるホームボタン付きの機種は「 iPhone SE2(SE 第2世代) 」が最新となっています。今でも多くの方が「 コロナ禍 」ということもあり「 ホームボタン 」の復活を望んでいますが、しばらく復活することはないだろうというのが大方の見方です。

実際ホームボタンの破損で来られるお客様も多く、修理させていただいております。もしホームボタンでお困りの方は是非一度、当店・当グループにお問い合わせください。お客様に最適な方法をご提案させていただきます。それでは今回はここまで。ではでは!

 

←トップページへ戻る

 

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

GoogleMapはこちら

 

お問合せはこちら

所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F雑貨館インキューブ店内

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123

 

 

お気軽にお問合せください。