この記事は約 3 分で読めます。

今回は iPhone の充電口、ライトニングコネクタ―について少し書いていきます。

iPhone の充電口、いわゆるコネクタ部分について

まずコネクタは部分交換が可能です
壊れた際にはお気軽にお問い合わせください。

ですが、この部分は一般的な使い方をしていると
あまり壊れるところでは有りません。

例えば、乱暴に充電ケーブルを抜いたり、挿したまま振り回したりと
コネクターに負担をかけるような使い方
水没異物混入等しない限り壊れることは少ないです。

充電口は壊れにくいが、経年劣化や埃やゴミが詰まる。

経年劣化の場合

充電口は、充電ケーブルの抜き挿しを繰り返す部分ですので
いつまでも新品同様は不可能です、必ず経年劣化していきます。

経年劣化の症状としてはケーブルを挿しても
安定しなかったり、緩くなったりして抜けやすくなる事も
そして結果的に接触不良になる場合があります。

経年劣化を抑制して長く使うためには
充電ケーブルの抜き挿しを行う時に、真っ直ぐに抜き挿しすることをオススメします。

充電口に異物、ゴミや埃が詰まっている場合

ポケットの中やバッグの中の埃やゴミが充電口に入り
充電ケーブルを抜き挿しして奥に押し込まれてを繰り返し

塵も積もればという状態になり、充電ケーブルが奥まで入らなくなり
接触不良や簡単に抜けてしまう状態になることもあります。

爪楊枝等で内部の端子を壊さないように慎重に掃除すれば改善することもありますが
自己責任で掃除を行いましょう。

まとめ

充電口の故障は画面やバッテリー等に比べると、余り多くないです。

ですが、確実に経年劣化する部位でもあり
むき出しの為、ゴミが詰まったりしてしまう部分ですので
定期的なお手入れを知れいればあとは経年劣化を迎えるのみです。

経年劣化すると言っても、丁寧に使っていれば
パーツの交換なしに5年以上は使えると思われるのでご安心ください。

←トップページへ戻る

 

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

GoogleMapはこちら

 

お問合せはこちら

所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F雑貨館インキューブ店内

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123

 

 

お気軽にお問合せください。