この記事は約 3 分で読めます。

秋の人事異動で動いたついでに若干の模様替え。というか修理パーツなどの配置換え。
今までは修理作業をする台の下にiPhone修理パーツを収納していたのですが、一部のパーツを修理代の上の邪魔にならない場所に移動させました。

そうです。見せる収納です。
こうすることによって30秒ほど修理にかかる時間が短くなります。
たかが30秒ですが侮れませんよ。

工具やパーツなど修理につかうアイテムを使いやすい場所に置くことでミスにつながる可能性を少しでも減らすというのは大事なことなんです。
という大事なことなので、今日は朝からゴソゴソとやってます。

5分単位で配置が変わったりしますので、目の前を何回か通られたお客様は2度見される方もいらっしゃいましたが。

iatQインキューブ天神店の様子

また当店の売りである
お客様の目の前で大切なiPhoneを修理する。
これをいかに実現するかでも悩んでおります。

当店はインキューブ天神店の中でインストアとしてやらせていただいています。
当店でiPhoneを修理している間は色んな商品をみて楽しんでいただき、待ち時間の退屈さを感じないというのはiPhone修理店にとってもメリットは大きいのですが、当店の基本コンセプトである目の前修理とマッチしにくいなと。

当店が目の前修理にこだわる理由は、お客様の大切なiPhoneを裏に持っていき修理をしたくないからです。
実際に、お客様のiPhoneのデータを抜き取ったなどという事件も起きているし、動作確認と銘打ってGoogleなどに勝手に高評価をつけたりする業者があとを立たないのです。あとは修理の失敗を誤魔化したり。

そういったことを未然に防ぐために目の前修理にこだわりたいのです。
お客様と楽しくお話をしながら修理をするのが当店のスタイルなんです。

一点の疑念もなく大切なiPhoneを修理するのがiPhone修理店の役割かと考えていますので。

そのために作業台と椅子の配置には悩みますね。
限られた環境の中でお客さまに負担をかけずに修理作業を見ていただくには角度なども大切です。
それを実現するために絶賛試行錯誤中です。

もうすぐ答えに辿り着きそうですので、もうすぐ模様替えが完了しそうなiatQインキューブ天神店にご期待ください。