この記事は約 3 分で読めます。

iPhoneの画面が割れても、iPhoneをそのまま使っている人はとても多いです。

正直言えばスマホの画面はタッチ操作が可能であれば
多少の画面割れ程度なら、そのまま使う事が可能です
しかし画面が割れている事実はそのままですね。

ガラス性質上、傷や割れ目がある場合は耐久性は極端に落ちます。
何が言いたいかというと、ひび割れ等が有る画面は通常の画面よりも
脆く壊れやすいと言う、当たり前な事です。

割れた画面の危険性

Appleが想定して設計したiPhoneの耐久性能はもちろん
iPhoneに損傷の無い状態での耐久性能です。

ところが画面が割れていると全く別の話です。

iPhoneの耐水性も画面が割れている時点で皆無です
割れ目からの浸水で画面が水没するような事例も多数あります。

それどころか割れ目から完全にiPhone内部に水が入り込み
iPhoneが水没して起動不能状態になる事もあります。

そして、思いがけない軽い衝撃でその他のパーツも
簡単に壊れてしまう可能性が高くなってしまう事もあります。

例えば画面の割れたiPhoneを、手持ちの高さからソファやベッドにポイッと放り投げ
クッション等でぽふっと着地した、その際に画面の割れが悪化して

液晶漏れを引き起こすこともあります。

正直、画面割れの時点で既に故障しているのです。

既に画面割れ状態の場合

とりあえず、バックアップをしましょう。
バックアップさえしておけば万が一の場合でも
iPhoneを新しく購入すれば、一部のアプリや設定以外は復元が可能です。

そして状態を悪化させないために、衝撃や圧迫は極力避ける。
水没を警戒する必要があります。

唐突な雨や、冬になったら雪の時も含め、屋外でiPhoneを使っていると
割れた画面のiPhoneはちょっとした水滴でiPhoneが水没してしまう事があります。

応急処置として、柔らかいタイプの保護フィルムを貼るのも良いかも知れません
ガラスフィルムの場合は割れ目の部分が浮いてしまうのであまりおすすめしません

フィルムを貼ってあれば、割れた画面でも多少の水が付着してしまった時も
すぐに拭き取れば水没する可能性を減らす事が可能ですね。

まぁ一番言いのは画面を修理することですが。

←トップページへ戻る

 

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

GoogleMapはこちら

お問合せはこちら

所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F雑貨館インキューブ店内

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123

お気軽にお問合せください。