この記事は約 4 分で読めます。

iPhoneの画面割れの季節と聞いて、そんなものあるのか?と思った方。
実はあるんです。段々と季節は進んで秋から冬になろうとしています。

これがiPhoneの画面割れと重要な関連があるのです。(iatQ天神店調べ)

冬になると手が冷たく辛い状態になります。
そんな時人はどうやって寒さを凌ぐのかということにフォーカスを当ててみるとわかりやすいのですが、手袋をする、ポケットに手を入れる、我慢する。

大きく分けてこのくらいかと思います。

これをシーン別で見てみましょう。

手袋をする派

手袋をするのはシンプルに寒さを凌げると思います。
しかし、一般的に購入されるケースが多い手袋はデザインなども選びやすく価格もお手頃な毛糸のような素材の手袋が多いかと思います。

最近の手袋はスマホ対応で手袋をしたままiPhoneの操作ができるように指先に動電素材が使われていたりと工夫をされています。
手袋をしたままiPhoneの操作ができるとか最高やん!とお思いの方。半分正解。

試しにAmazonでスマホ 手袋と検索してみると、かなりの量がヒットします。
この中でどれを選べばスマホの落下、画面割れのリスクが低くなるのでしょうか。
それは、滑らないものです。

毛糸などの素材で作られた手袋は、滑るんです。
もうiPhone落としまくりの画面割れまくりになります。

上記の検索の中に自転車用手袋がありますが、滑り止めがついていて良さそうです。
しかし、自転車用手袋は本気のやつが多く、意外と薄手の素材で作られています。
そして街中で使うには少し違和感があるデザインですね。

やはり無難かなと思うのは皮(合皮)でしょう。
合皮でしたら価格もお安くお買い得。そして毛糸などと比べたら格段に滑りにくい。
多少シックな感じで福岡の街に、よく似合うでしょう。タウン派ですね。

ポケットに手を入れる派

これは我慢する派の派生にはなるのですが、少し違うところがあります。
寒さのあまり片手をポケットに入れたまま片手でiPhoneを操作するようになるのです。

最近のスマホは大型化する傾向にありますので、男性でも指が届きにくくなっています。

後述しますが、素手派の弱点の手が滑りやすいと相まって抜群のiPhone落下力を発揮します。

対策としては、どんなに寒くても両手でiPhoneを操作する。
この一点につきますね。iPhoneの画面割れ修理というのは、思わぬ予算組が必要になるので急な出費で飲みに行けないなどという憂き目に遭わないようにしましょう。

我慢する派

我慢づよさは大事です。伊達の薄着。
筆者も比較的このタイプです。伊達の薄着というよりは手袋が面倒なだけなのですが。

片手でiPhoneをホールドして逆の手でiPhoneを操作する。
我慢する派の方の注意点は冬は乾燥して手が滑る。また手が荒れてホールド力を失いやすいということです。

解決策はハンドクリームなどで、手をしっかりとケアすることです。
そして極寒の真冬でも、しっとりもちもちの手を維持しましょう。
そうすることで、スマホ落下のリスクを避けることができます。

 

iPhoneの画面とか割ったことなし。という方も冬場は注意です。

当店にiPhoneの修理で駆け込まれるお客様の中には、初めてiPhoneの画面を割ったとショックを受けている方も散見されます。
そうです。誰でも初めてはあるのです。

iPhone画面割れ初めて物語にならないように冬の画面割れ対策を十分にしてから冬場のiPhoneライフを満喫しましょう。

参考までにですが、当店でガラス割れ修理をした際の記事の数々です。
当然全部の修理を書いているわけではないので、その一部だけでもこんなにあります。
自分は大丈夫と思わないでしっかりと対策をしましょう。

iatQインキューブ天神店:iPhone画面割れカテゴリーiPhone画面割れカテゴリー