この記事は約 5 分で読めます。

iPhoneのカメラの話は色々書きましたが、今日は他のサイトで紹介されていた情報をやってみることにします。

最近iatQインキューブ天神店の検索ワードでも上がってきているiPhoneで撮影した画像加工の方法[純正の写真APP編]

最近iatQインキューブ天神店の検索ワードでも上がってきているiPhoneで撮影した画像加工の方法[純正の写真APP編]

 

上記で写真の加工について書きましたが、自分の目で微調整するのではなくて決まった数値を入れることでプロ級の写真になる!というのをやってみました。

https://nordot.app/894066896602152960?c=110564226228225532

目次
  • 写真加工の数値
  • 実際にやってみた
  • iPhoneで撮った写真を誰でもプロが撮った写真のように編集する方法 まとめ

写真加工の数値

お忙しい方のために最初に調整する数値を書いておきます。

  1. 露出 100
  2. ブリリアンス 100
  3. ハイライト −35
  4. シャドウ −31
  5. コントラスト −31
  6. 明るさ −15
  7. ブラックポイント 11
  8. 彩度 11
  9. 自然な彩度 9
  10. 露出 0

この手順で写真を調整すると素敵な写真になるそうです。

 

実際にやってみた

ということで実際にやってみました。

色合いなどの差がわかりやすいように昨日雑貨館インキューブ天神店で購入したばかりのルービックキューブを使って実験です。ちなみに6面揃えることができるようになりました。

元の写真です。

 

露出 100

 

ハイライト −35

 

ブリリアンス 100

 

シャドウ −31

 

コントラスト −31

 

彩度 31

 

明るさ −15

 

自然な彩度 9

 

そして最後に露出を0に戻します。
戻すくらいなら最初っからせんとけばいいのにとか思いますが、今回は手順通りにやりました。

そして出来上がり。普通の写真ですね。

before

 

上面の白が青くなってます。ビビッドな感じになりました。

after

 

念の為、他の素材でも頑張ってみました。

before

 

after

 

パンダも青くなりました。
白は青みがかるんですね。勉強になります。
若干慣れは必要な感じですが、インパクトのある写真を作りたい時はいいかもしれません。

 

iPhoneで撮った写真を誰でもプロが撮った写真のように編集する方法 まとめ

思ったより素敵な写真にならなかったのはモデルが原因でしょうか。
人物写真などであれば、今回のような真っ白な部分がないので鮮やかな感じになるのかもしれません。
せっかくiPhoneで素敵なつもりの写真を撮ったけど、どっか残念な写真になった方はチャレンジしてもいいかもしれませんね。