この記事は約 3 分で読めます。

iPhoneの初期設定の時の「iPhone解析を共有」は
毎月ギガ死している方や、ギガ数がぎりぎりの方はオフをオススメです
雀の涙のような通信量かもしれませんが、確実に減らす事が可能です。
さらに情報共有時にデータ通信をしたりするのでバッテリーの消耗も多少抑える事が可能です。

つまり、「iPhone解析を共有」の設定はオフが無難です。

iPhoneの初期設定にある「iPhone解析を共有」とは

iPhoneのデータ解析をメーカーのAppleに情報共有するシステムです。
匿名によるiOSの不具合や稼働状況を解析して品質向上のための有用な情報共有のシステムです。
日々iPhoneが使いやすくなっていくために、統計データ等の情報解析でユーザー還元される必要な機能です
ユーザーに好評もしくは不評なユーザーインターフェース等を調べ最適化したり
不具合の発生箇所の解析等、iPhoneが良くなっていく為には重要な機能ですね!

本当に必要??オフにしてたら駄目???

iPhoneを利用しているユーザーに必須か?と聞かれると必要ありません。
あくまで善意の情報提供なので義務もありません。

さらに言えばAppleへ情報共有の際に、設定しだいではデータ通信を使ったりします。
たとえWi-Fi環境でもデータを送る行為でバッテリーも多少ですが消費します。
なので、「iPhone解析を共有」はオフでいいです。

データ通信量とか含めて細かい事気にしないし、AppleにはiPhoneをより良くしてもらいたい!!
という場合は「iPhone解析を共有」をオンにしてiPhone(iOS)の発展に貢献するのが良しですね。

「iPhone解析を共有」の設定方法

設定のやり方は

①iPhoneの「設定」をタップ

②少し下の方にある「プライバシー」をタップ

③その下の方にある「解析及び改善」

④iPhone解析の共有→オンorオフ

①設定

②プライバシー

③解析及び改善

④iPhone解析を共有(参考画像はオフ状態)

まとめ

iPhoneの初期設定で何気なく「iPhone解析を共有」をオン状態にしている人は結構多いので
データ通信量やバッテリー消耗が気になる方はオフがオススメです!

 

←トップページへ戻る

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

GoogleMapはこちら

 

お問合せはこちら
所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F雑貨館インキューブ店内

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123

お気軽にお問合せください。