この記事は約 5 分で読めます。

筆者は40代も半ばを過ぎて50代が見えてきています。
TikTokというと10代の女の子が使うようなイメージが強く若干の興味はあったのですが、ものすごい勢いで心が拒否していました。

だって天神でもおそらくTikTok用の何かを撮影しているのだろうと推測できる女子高生的な人たちがあちらこちらに散見されるんですよ。50が見えてきているおっさんが、彼女たちと同じ振る舞いをするのは憚られます。

天神警固公園、ソラリアステージ4Fの通路、3Fの通路、その他。
どうやら彼女たちは人通りが多くなく光が集まる場所で撮影をする習性があるようです。
警固公園は公園というロケーションなので人が多くても問題なく撮影しているようですが。

大体女の子が2人で密着に近い状態で撮影してます。
iPhoneを壁に立てて何か踊っているようです。
密着していないと見切れてしまうのでしょうね。

目次
  • なんでい今更iPhoneにTikTokを入れようと思ったのか
  • TikTokの初期設定
  • TikTokの楽しみ方
  • 今更だけどiPhoneにTikTokを入れてみた まとめ

なんで今更iPhoneにTikTokを入れようと思ったのか

だって流行ってるやん。

これが全てです。
筆者はiPhone修理屋さんなのですが、基本的にはSEなんです。
システムエンジニア。まあIT屋さんです。

これは筆者のこだわりなのですが、IT屋さんはなんでも知ってないとダメなのかなと思っています。
Twitterも日本で正式にリリースされる前に乗ったくらい話題には乗っからなきゃダメだと思っています。

ちなみにTwitterは2006年3月31日にサービスがリリースされて2008年に日本語版が正式にリリースされています。筆者は2007年の5月に乗っかっています。

最初のツイートは「帰宅」

乗ったはいいけど、何をやったらいいかわからなかった頃の懐かしい思い出です。
今でも、どう使っていいかわかってないんですけどね。
もう15年前の話ですね。15年前というと30代に入ってまもない頃で紅顔の美少年?美青年?知らんけど。

それから15年。筆者も大人になって横着を覚えました。
もう新しいサービスとか乗っからなくていいんじゃないの?とか。
そういうわけにはいきません。初心に帰って未知のサービスに挑みます。

携帯の前で踊ったりはせんけどね。

TikTokの初期設定

初期設定の前にインストールです。
iPhoneのAPPストアからインストールします。

 

インストールしたら起動しましょう。

起動直後の画面

 

いつもの通知たちです

 

ここで初期設定のウィザードが始まったところで筆者の携帯に電話がかかってきてウィザードが中断してしまいました。多分趣味とか好みを尋ねられる雰囲気でした。

 

そして、そいうのをすっ飛ばして普通に使える状態に

 

ひたすら上にスワイプして投稿を見るようです。

 

 

ファーストインプレッションですが、機械の合成音声が多くて気持ち悪いです。

TikTokの楽しみ方

さて、今iPhoneにインストールが終わって10秒ほど使ってみたのですが、ファーストインプレッションが「気持ち悪い」だったのですが、楽しめるのでしょうか。今から少し使ってみます。(10:55)

使ってみました。(11:18)

1分以内程度の短い動画がたくさんありました。
ネタぽいのから役に立ちそうなもの。ただ踊っているものまでたくさんありました。
活用の範囲が難しいですね。

思い返してみたら、筆者はSNSをほとんど使わないんです。
youtubeも見ないし。筆者にはTikTokを使いこなすには修行が足りないようです。
しかし、動画を投稿している人たちは非常に楽しそうなのでコンテンツを消費する側ではなく提供する側になれば、また違った楽しみがあるのかもしれません。

当サイトでSNSに言及している記事ないですね。
https://tenjin.iatq.net/?s=SNS
筆者だけが書いている訳ではないのですが、当店のスタッフはSNSに興味がない人種のようです。

おそらく通勤や通学の電車やバスの中でダラダラと見るのが楽しいのではないかと推測しました。
今度やってみます。今はバイク通勤しているので、バスに乗った時にでも。

 

今更だけどiPhoneにTikTokを入れてみた まとめ

なんでもそうなんですが、まずは興味を持つところから始めないとダメですね。
筆者のように興味がない前提でスタートすると冷めた目で見てしまうので楽しめません。
TikTokについては懸案課題として今後楽しめるように頑張っていきます。

と言ってもTwitterも15年やってますが、いまだに楽しさがわからないという問題もあります。
ちなみにFaceBookは社内のグループを作って報告などに活用しています。