この記事は約 5 分で読めます。

Appleは現地時間6月6日の世界開発者会議(WWDC22)で、iOS16の発表をしました。

すでに発表から数週間は経過しているため
ネット上では情報も整理されて、様々な媒体のサイトで丁寧にまとめられて詳細も確認できますね。

そして6月23日頃に開発者向けでベータ版もリリースされています。
ですので現在の開発者向けベータテスト段階のiOS16の情報も、少しづつですがネットで確認できます。

Bluetooth接続でSwitchのProコンやJoyコンもiPhoneに接続することができたという報告もありますね。

ちなみに一般的なベータテスト、パブリックベータは7月にリリースされる予定とのこと
パブリックベータは登録さえすれば自己責任でiOS16を一足先にアップデートすることが可能です。

パブリックベータのiOSアップデートは
リスクとしては致命的な不具合やバグが有る可能性が否定できないので完全に自己責任です。
おすすめとしては壊れても困らないサブ端末等で試すと良いですね。
日常的に、仕事も含めて使っているメインの端末ではオススメできません。

iOS16についての現状の個人的な感想

パブリックベータ版がリリースされると思われる7月まではとりあえず様子見の予定です
情報を見た限りの感想の垂れ流しです。

個人的には「マップ」が使いやすくなるのは良い事だと思っています。
そして「テキスト認識」の性能が上がるごとでカメラを使う事が増えたりするのかなと
思いますね。

「ロック画面に史上最大のアップデート」

テンプレート通りにウィジット並べるイメージですかね?
カスタマイズして、複数のロック画面を設定して使い分ける事ができる?

ウィジットみたいなものがどれだけ合って
アプリで増やすことも可能なのかですね。

正直言えば、個人的には今のシンプルなロック画面が好きなので現状に不満がないです。
とりあえず正式リリース後にロック画面いじってみたいとは思います。

「4Gデータ通信によるiCloudバックアップが可能に」

地味ですが便利ですね、ただデータ通信量でギガ死が怖いので設定が気になります。

今まではWi-Fi通信が前提だったiCloudのバックアップが4G通信でも可能ならば
自宅にWi-Fi環境がなくて、代わりにiPhoneのデータ通信が無制限の契約の人にとっては朗報かもしれません。

「テキスト認識表示(Live Text)」

アップデートで進化し続けている機能です
画像を調べる、動画にも対応、テキストを認識して表示させる事や翻訳したりすることが出来る。

地味に思うかもしれませんが、AIの進化が進んでいることがわかりますね。
他社のGoogleレンズを時々使っている筆者はiPhoneのテキスト認識の性能も上がっている様子。

そして今回のテスト情報を見る限り、日本語の自動検出も対応しているので嬉しいです。

「”マップ” Apple純正のマップも進化継続。」

Googleマップでいいじゃんって言われたら、ぐーの音も出なかった時代も終りが近い?

いまだにGoogleマップが優秀なのは確かですが
Apple純正の「マップ」アプリ便利になって来ています。

中継地点を複数箇所登録しての経路案内等で更に便利に
そして立体地図表示が出来る地域も増えている模様。

そして「マップ」と「Apple Pay」の連携もあるので
公共交通機関を調べた際に登録している交通系ICの残高不足がわかったりして
さらにマップから交通系ICの残高を追加する動作もできて便利になる模様。

ほかにもアップデートありますが、主に気になったのは上記の4箇所のアップデートですね。

iOS16って、いつから??

2022年秋に正式リリース予定ですが、例年通りだと9月頃です
なので秋発売 9月~10月の新型iPhone14(仮)の発売前か、もしくは同時に正式リリースになると思われます。

次期iOS16の対象端末は

今回は次期iOS16に未対応になる、非サポートの端末が出てきます
iPhone6SやiPhoneSE(第1世代)そしてiPhone7ですね。

次期iOS16のサポート対象の機種は、2017年発売のPhone8とiPhoneXが下限ですね
2017年以降に発売されたiPhoneが次期iOS16のサポート対象です。

iOSの更新できないと、使えないわけでは無い

たとえiOS更新のサポートが切れたからと言ってすぐに使用不能になるわけではなく
新しい機能の追加が無くなり、徐々に対応アプリが減っていき使えるアプリ減り
使いたいアプリが使えなくなった時に、使えないと判断する人もいます。

例えば「LINE」のアプリは現在iPhone6では、すでに「LINE」は利用不能です
さすがにLINE等の日本国内で便利で使われているアプリが使えなくなると困るので
最近ではiPhone6を使っている人はめったに見かけなくなりましたね。

いずれは現行のiOS15では利用ができなくなるアプリが増えていくと思われますが
iOS16が正式リリースされたらすぐに使えなくなるわけではないので
まだ焦らなくても大丈夫です。

筆者の個人的に言えることは、とりあえずiPhone14の発売を待ち
その後、値下げされたiPhone13miniが狙い目です。

←トップページへ戻る

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

GoogleMapはこちら

 

お問合せはこちら
所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F雑貨館インキューブ店内

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123

お気軽にお問合せください。