この記事は約 4 分で読めます。

唐突ですがiPhone 6S Plusはあまり見かけない珍しいiPhoneです。

当時は小型のiPhone5や5Sを使い慣れた人が多かったですからね
通常サイズのiPhone 6Sですら大きく思えたのに
更に大きい大型のiPhone 6S Plusは、なおさらデカく感じました。

さて今回は、そのデカいiPhone 6S Plusのバッテリー交換のお話です。

iPhone 6S Plusバッテリー交換

今回は福岡市南区にお住まいで、当店へ来店したお客様でした。

iPhone6SPlusは2015年発売の9月に発売されたiPhoneです
今が2022年7月ですのでもう少しで7年になりますね。

一度もバッテリー交換をせずに、おそらく6年以上使い続けていたみたいです。
流石に、近頃は充電器につけたまま使い続けるのが面倒になったらしく、ネット検索から当店へご来店です。

バッテリーは著しく劣化していましたが
画面に傷も無く、綺麗な状態のiPhoneでした。
中古で出品されていたら傷なし、美品と書かれているような状態でした
手帳型ケースと保護フィルムを何度か交換しつつ使っていた模様、素晴らしいですね。

そして流石にバッテリー持ちが悪くなってのバッテリー交換です
バッテリーの劣化は避けられないので仕方ないですね

当店ではiPhone6SPlusのバッテリー交換は税込3500円です。
作業時間もおよそ15分前後ほど、予約は不要ですが
事前に連絡があると在庫無しの状態を避けれるので便利です。

iPhone6SとiPhone6SPlusのバッテリー比較

iPhone 6Sは1,715mAh
iPhone 6S Plusは2,750mAh

およそ容量の差は1,000ですね。
この容量の差がそのままバッテリーの寿命になります。

使い方次第ですが、長く使える人の場合は
通常のiPhone6Sのバッテリー劣化が3年前後で著しく劣化する場合
iPhone6SPlusはバッテリーの劣化が4年~5年は問題なく使える場合もあります。

近頃のiPhoneで言えばiPhone13シリーズで言えば

iPhone13 mini2,406mAh
iPhone133,227mAh
iPhone13 Pro3,095mAh
iPhone13 Pro Max4,352mAh

13miniですら2400という容量です。
そして通常サイズのiPhone13や13Proで3000を超えています。

ちなみにiPhone8とSE2は1,821mAh
iPhoneSE3は2,085mAhと少し増量していますが
バッテリー容量は非常に少ないです。

SE2とSE3の欠点がバッテリー容量の少なさと言うのは数字を見ればよくわかりますね。

 

iPhone13シリーズは使い方次第で4年~5年前後はバッテリー交換無しで使える可能性が高いので
個人的にはiPhone13シリーズはオススメですね。

次期新型のiPhone14も気になりますが
iPhone13miniでminiシリーズは最後らしいので、やはり13miniが気になります。

最後にiPhone6SのOS更新サポートの終了について

iPhone6Sシリーズは今年の秋のiOSアップデートでOSのサポートが終了。
つまりiOS16にはできず、iOS15までしか使えないiPhoneですが
即座に使えなくなるわけではなく、iOS16以降しか対応しないアプリが増えてくるまでは数年かかるので
それまでは使い続ける事は可能です。

なので今回が最後のバッテリー交換、もしくはその後も
サブ端末として、音楽再生やネットサーフィン用等の活用方法があるならば
バッテリー交換もオススメですので当店へお問い合わせください。

←トップページへ戻る

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Facebookはこちら

GoogleMapはこちら

 

お問合せはこちら
所在地:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目11-3ソラリアステージ4F雑貨館インキューブ店内

  TEL :i at Q 共通番号
0120-947-123

お気軽にお問合せください。