この記事は約 2 分で読めます。

これだけ暑くなってくるとiPhoneのバッテリーも悲鳴をあげます。
iPhoneを充電しているのに減っていくねどという訳のわからない症状も出てきます。

ちなみに筆者が使っているiPadも充電器とケーブルの組み合わせによっては充電しながらiPadを使っていたら、ジリジリ減っていきます。昨日の午前中はコメダコーヒーでドヤッとしていたのですが、充電効果は低かったです。そろそろアダプターもケーブルもPD対応のものに変えなきゃいけませんね。

そして昨日の午後にご来店いただいた唐人町からのお客さまはiPhone8のバッテリー交換です。
iPhone8は性能が良くて使いやすい機種なのですが流石に発売から期間が経ちますのでバッテリーがへたっているものが多くなってきています。

iPhoneのバッテリー交換タイミングの目安なのですが、店頭の肌感覚でいうと発売から1年半くらいからバッテリー交換需要が出始めて2年半ぐらいで増えたなと実感しますね。

インキューブ天神店では4年越えの長く使っているバッテリー交換の方も多く見かけますが、当グループの平均値で言えば、やはり2年半くらいではないでしょうか。

個人的なバッテリー交換の目安ですが、1日の生活の中で充電切れしてiPhoneが文鎮状態の時間が発生する状態になると致命的だと考えています。
バッテリーがやばい!とヒヤヒヤしながら帰宅してダッシュで充電器に繋ぐというのがギリギリのタイミングではないでしょうか。

あまりにも痛んだバッテリーの場合は、今年のように暑い夏になるとiPhoneが本気でクラッシュすることもありますのでご注意を。

当店でのiPhoneのバッテリー交換は最短10分程度で終了いたします。
説明など、細かい時間を合わせても15分程度なので、電車やバスの待ち時間を利用してバッテリー交換をしておきましょう。